キャッシングの利息はどう計算するのか

“キャッシングを利用する際には利息がつきものですが、その利息をどのようにして求めるのかを簡単に説明します。
利息は借入残高と借入日数に応じて発生しますが、その際には金利が残高に対して利息の割合を示しているので必ず金利はチェックした方が良いです。
キャッシングの金利というのは一年間での割合を示す実質年率で表示するように統一されているので、計算をする際には一年あたりの利率を一日当たりにして計算します。
具体的に数字を挙げて見た方が理解しやすいので、例えば借入額が10万円で金利18%とし、借入してから30日後に返済する時の利息について計算をしてみます。
10万円の18%は1万8千円であり、その値を365で割る事で1日当たりでの金額に直し、借入日数が30日なので30を掛けると利息は1479円という事になります。
次の返済の時には借入日数は前回の返済した日の翌日からカウントし、借入れた時の金額の代わりに借入残高に対して計算をする事で同じように求める事が出来るようになっています。”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *