自社基準など3つに大別されるキャッシングの審査方法

“キャッシングの審査方法は大きく3つに分けることができます。
一つはそれぞれの金融会社で設定している自社基準です。
保証人不要、担保なし、安定した収入のある方を対象にしているなどの条件を挙げ、申し込みに際して分かりやすい形で表示されています。
さらに、二つ目としては信用情報機関での調査があります。
これは貸金業法で定められているもので、過剰融資を抑制するため、利用者の債務の調査を行うものです。
貸金業法に基づくキャッシングの場合は総量規制の適用となり、融資の最大金額は年収の3分の1以内となり、消費者金融などの場合は1社でも50万円を超える場合は収入証明書が必要となります。
もう一つの審査方法は書類審査です。
高額融資でない場合、消費者金融などでは1社50万円以下、または他社と合わせて債務残高が100万円を超えない場合は証乳証明書は不要で、本人を確認できる書類で利用が可能です。
本人確認書類としては運転免許証、パスポート、保険証、在留カードなどがあり、この書類のみで審査受けることができます。”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *