知らないと損をするキャッシングの仕組みについて

キャッシングは少しお金が足りないというときに気軽にお金を借りることができるサービスで、仕組みをよく知らないけど利用はしたことがあるという方も多いです。しかし、キャッシングはあくまでもお金を借りている借金なので知らないと損をする可能性もあります。 まずは、返済方法についてです。キャッシングの場合は借りたお金を一括で返済する方法と、リボ払いで返済する方法とがありますができれば一括で返済する方法のほうがおとくなのです。リボ払いには月々の返済額が少なくて済むという魅力がありますが結果的に支払ったお金は大きな額になってしまうからです。 また、返済日を通常のカードの引き落とし日まで待っている場合も余分な金利を支払っているということになります。自分でATMまで足を運ぶことで簡単に任意の日を返済日にすることができるので、お金が用意できたらできるだけ早く返済するということを心がけておくだけでもかなり支払額に変化があります。

キャッシングで必ず知っておきたい事とは

キャッシングで必ず知っておきたい事とは、キャッシングという言葉は横文字で耳障りが良いですが借金だということです。借金とは、自分以外の第3者からお金を借りる行為のことです。いずれは返済しなくてはならないものだという自覚を持つ必要があります。お金を借りることはとても簡単で、必要なお金をすぐに手に入れられることが出来ますが、そのお金は自分の能力(仕事の対価など)で手に入れたものではありません。そのため、返済できる範囲でしかキャッシングをしてはいけないのです。借りたお金には、ほとんどの場合金利が発生します。借りている期間の手数料みたいなものと考えるといいでしょう。借りる金額が多ければ多いほど、金利も増えていきます。これはお金を借りるときには、必ず知っておきたい事です。返済のペースによっては、元本よりも金利のほうが多く支払ってしまう可能性も出てきます。どうしてもの時以外の借金は避けたほうが良いといえるでしょう。

キャッシングの豆知識は人生に役立つ

消費者金融や銀行が展開しているキャッシングやカードローンのサービスを利用する中で、しっかりと返済などを行い、信用がついてくると、その他のローン等を組む場合でも、審査に通りやすくなります。これは消費者金融や銀行などが信用情報を共有しているので、しっかりと利用している方の情報も共有されることになり、様々な融資において有利に審査される状況になってきます。もちろん返済等を怠ってしまうと、信用情報に傷をつけてしまうので、9日に返済を行うように考える必要があります。そのためには計画性が非常に重要になります。いつまでに返済できると計画をしっかりと立てて、返済の目処がついてから利用を考えるようにしましょう。返済日が分からなくなってしまっては困るので、カレンダーなどに印をして忘れないように工夫することも大切です。このようにキャッシングを利用する上で役立つ豆知識は非常に多いので、契約内容なども見直しながら使っていくのが良いのではないでしょうか。

闇金融の甘い罠に引っ掛かる

最近は暑さも結構和らいできましたが、連日体温超えの日々を乗り越えたおかげで
体の調子はなかなかもどらなくて、あいかわらずだるいです。
あー、なんかこのかんじ覚えがある…って思ったら、ヤミ金の激しい取り立てで
精神やんじゃってたときに似てるかんじなんですね…。
今でもあまり思い出したくないことなんですが、若い時にうっかりと
遊ぶ金欲しさ(つーか、まあ、平たく言えば風俗通いしてたわけですが)に
あっちこっちからお金を借りてしまって、気づいたときにはヤミ金にも手を出してしまっていたんですよね。
まあ、本当、若気の至り…では済まされないんですけど、その後、なんとか
司法書士さんに相談して任意整理をすることでその借金地獄から逃れたんですけど
任意整理ってのは、裁判所なんかの介入なしに個人的に債権者と交渉して
なんとか借金を減らしてもらうことなんですが、やっぱ、司法書士や弁護士なんかが
いないと、話し合いに全く応じてもらえないみたいですね。
まあ、素人相手だとそりゃそうかって感じですが。
やっぱ、普通の消費者金融はともかく、ヤミ金はやばかったですね。
当然のことながらあっちは債務整理なんてしてほしくないわけですから
嫌がらせとか半端なかったですもん。
スタッフもきっと真っ当な人種とは違いますよね…。
よく、こんなの相手に司法書士や弁護士は戦えるよなって思います。
結局、夜逃げみたいな感じで引っ越してなんとか振り切った感じですが。
しかし、今、冷静になって思うと、そもそものヤミ金の激しい取り立てって
借り手の精神を消耗させて債務整理なんか考えつかないようにしてる
闇金の手口だったような気がしますね…追い詰められてそれでも、法律のプロに
すがれた自分はまだましなほうで、酷いとその時点で自殺したりする人も
いるんでしょうし、あるいは闇金融のいいなりになって無償労働したり
する人もいるんじゃないかなって思います。
実は、夜寝れないこともしばらく続いて、心療内科に通って睡眠薬を
もらっていたこともあるんですよね…今では飲まなくても大丈夫な
ところまでなんとか回復することが出来ましたが。
でも時々、まだ夢に見ることがあるんですよね…。
お金に困って、闇金で借りてしまおうかって悩んでいる人は、
こんなふうになってしまうことも考えてみるといいかと思います。
あれは自分みたいに借りるとこがなくなったからってんで、他の
銀行や消費者金融と同列にとらえて安易に借りていいものじゃなかったです。

プロミスの無利息期間ってお得なの?

緊急にお金が必要になってしまって、お金をキャッシングしようかと思ってるんですよ。
こういうカードローンでキャッシングするって初めての経験ですし、
これまで借りようかなとか考えたこともなかったから、どこで借りればいいんだ?
って感じで結構困っています。
いや、なんとなくイメージでは銀行やプロミスなどの消費者金融が浮かびますが、
詳しく、どこがとってもいい・便利とかっていうのを知らないんですよね。
普段から借りてる人たちはそういうのに詳しいのか…?
それでキャッシング比較しようと公式サイトとかのぞいてみたりしてるんですけど
大手なとこや有名なとこだけをちら見して、それだけでも結構な数があって
目移りしてしまい、結局どこにするって決められないでいます。
…結構、優柔不断な性格なんですよね。
いつもだったら家族や友人、知人なんかの意見を聞いたりして背中を
押してもらって決めたりしてるんですけども、さすがに今回は相談するわけにもいきませんし。
やっぱ、キャッシングって言うと結構、軽い感じがしますけど、結局のところ
借金には違いないですからねぇ(^_^;)
でもまあ、大手のとこならどこもサービス内容に差がないっていうなら
適当に決めてしまってもいいのかもしれませんけどね。
だって、消費者金融の大手のプロミス見てみると、どこもここも
初回は無利息で利用できますよとか、金利はだいたいこれくらいですよとか
即日審査で融資可能ですよとか、利用限度額はこれくらいですよとか
チェックするポイントはいろいろあるけどぶっちゃけ似たり寄ったりです。
プロミスの審査はけっこきびしいし、多少の期間の差はあるけど無利息サービスどこでもしてるし、
利息も本当に談合してない?って感じで似てるし、即日融資可能なのは
銀行ですら口座あるとこならOKみたいだし、利用限度額に関しては
そこまで大金を借りるつもりではないし…ってことです。
そりゃ1万、2万とか借りるってわけではないですが
(さすがにそれくらいは少ないですが貯金してますし)
数百万円とか借りようとはさすがに思わないな…。
そういえば、この表示されてる金利の幅ってやっぱり限度額いっぱいの
数百万を借りないと最低金利にはならないですよねー。
自分だと、たぶん、総量規制のせいで、限度額いっぱいまで借りれないとおもうけど。
確か、年収の3分の1まででしたっけ?
500万とか借りれるとこあるけど、つまり年収1500万はないとダメってわけで…
さすがにそんな収入がある人が借金するほどお金に困ると思えないんですけどね。

キャッシング枠を利用するには手数料がかかる?

“クレジットカードのキャッシング枠や、消費者金融キャッシングでは、設定された枠の範囲内なら何度でも利用可能になっています。例えば、キャッシング枠が30万円になっていれば、その枠を超えない限りはいくらでも自由に融資を受けられます。5万円だけを借りて、その返済が終わる前にさらに10万円の追加融資を受けるということもできます。

しかし、キャッシングでは利用するたびに手数料がかかることがあるので、気づかないうちに損をしていることもあります。カードを使ってATMからお金を引き出すときに、手数料が200円とられて、さらにそれを返済するときも同じく手数料が200円とられるといった具合です。「手数料が最も高い金利」という言葉があるように、利息よりも手数料の負担の方が大きくなっていることもあります。

最近はキャッシングもサービス競争時代となっており、手数料が無料の金融機関も増えてきました。なるべく手数料がかからない方法でキャッシングを利用するようにしましょう。”

キャッシングの気になる情報について

“消費者金融等のキャッシングを利用を検討しているけど、申し込みや返済などについての情報がないので不安だと考えている方は多いのではないでしょうか。
申し込みをする際には、現在ではわざわざ店頭窓口に出向く必要がなく電話やスマートフォン、パソコンから申し込みが出来ます。
誰にも知られることなく申し込みが出来るので、大変人気があります。また、返済金額や期間などのシミュレーションをWEBサイトから見ることが出来るサービスをしている事もあり、参考にすることが出来ます。
また、返済についても様々な方法があります。
もっとも人気なのが、コンビニエンスストアに設置されている、コンビニATMを利用して返済する方法です。コンビニATMの場合、多くが24時間営業しているため返済忘れがあった時にも安心です。
買い物のついでに、返済する事もキャッシングとして利用することもできます。コンビニATMは銀行ATMとしても利用することが出来る為、どちらを利用してるのか周囲の方からは分からないのも魅力の一つです。”

自社基準など3つに大別されるキャッシングの審査方法

“キャッシングの審査方法は大きく3つに分けることができます。
一つはそれぞれの金融会社で設定している自社基準です。
保証人不要、担保なし、安定した収入のある方を対象にしているなどの条件を挙げ、申し込みに際して分かりやすい形で表示されています。
さらに、二つ目としては信用情報機関での調査があります。
これは貸金業法で定められているもので、過剰融資を抑制するため、利用者の債務の調査を行うものです。
貸金業法に基づくキャッシングの場合は総量規制の適用となり、融資の最大金額は年収の3分の1以内となり、消費者金融などの場合は1社でも50万円を超える場合は収入証明書が必要となります。
もう一つの審査方法は書類審査です。
高額融資でない場合、消費者金融などでは1社50万円以下、または他社と合わせて債務残高が100万円を超えない場合は証乳証明書は不要で、本人を確認できる書類で利用が可能です。
本人確認書類としては運転免許証、パスポート、保険証、在留カードなどがあり、この書類のみで審査受けることができます。”

キャッシングの利息はどう計算するのか

“キャッシングを利用する際には利息がつきものですが、その利息をどのようにして求めるのかを簡単に説明します。
利息は借入残高と借入日数に応じて発生しますが、その際には金利が残高に対して利息の割合を示しているので必ず金利はチェックした方が良いです。
キャッシングの金利というのは一年間での割合を示す実質年率で表示するように統一されているので、計算をする際には一年あたりの利率を一日当たりにして計算します。
具体的に数字を挙げて見た方が理解しやすいので、例えば借入額が10万円で金利18%とし、借入してから30日後に返済する時の利息について計算をしてみます。
10万円の18%は1万8千円であり、その値を365で割る事で1日当たりでの金額に直し、借入日数が30日なので30を掛けると利息は1479円という事になります。
次の返済の時には借入日数は前回の返済した日の翌日からカウントし、借入れた時の金額の代わりに借入残高に対して計算をする事で同じように求める事が出来るようになっています。”

人気の銀行系キャッシングとは

“最近、銀行と消費者金融業者が提携して新たな銀行系キャッシングとして人気を呼んでいます。
人気の理由の一つに、銀行の安心感と消費者金融の手軽さの双方を得ることが出来るというものがあります。
キャッシングを受ける際にも、銀行から借りているという安心感と万が一、家族や会社などに借り入れが発覚しても大丈夫だろうというネームバリューがあります。
しかしながら、銀行から融資を受けようとした場合には、厳しい審査をパスする必要があります。
収入証明や、財産の証明、過去の取引など多くの情報を収集する必要があるため、審査には時間がかかります。しかしながら、消費者金融では審査の過程を簡素化しているため、銀行よりもスムーズかつスピーディーに借り入れを受けることが出来るのです。
ですので、銀行系の消費者金融キャッシングは、安心かとスピードの両方を兼ね備えているため、即日融資等急ぎで融資を希望している人に大変な人気があるのです。”